toggle

高橋醤油について

当店は、兵庫県加西市で大正10年から地域のみなさんと一緒に歩んできた醤油蔵です。「あんたんとこの醤油やないとあかんねん。」というお声を大切に日々、製造・販売・配達しております。

高橋醤油店舗外観

サクライズミの製造方法は昔から殆ど変わっていません。四季の寒暖を2年間繰り返した天然醸造もろみをじっくり搾った醤油を原料に使用し、50年以上使用する鉄製大釜で味付けをしながら約2時間じっくりと炊き上げ、大釜の直火効果で大変良い香りの醤油に仕上げます。その後、創業時より使用する杉の大桶に直ぐに移されます。赤子のようにじっくりと何週間も寝かせる間に、ゆっくりと塩角の無いまろやかなお醤油に変化してゆきます。まさしく昔からの伝承の技術が今も変わらず続いているのです。

市販品とは風味や色合いの違った北播磨独特のお醤油を堪能して頂き、長年受け継がれてきた醤油桶で作られる独特の旨みを味わっていただきたいと思います。是非、北播磨で育まれてきた当店の自慢の味をご賞味ください。

当店では地域性の強い「混合醤油」に加え、四季の寒暖を2年間繰り返した、天然醸造醤油だけを使った「本醸造醤油」も自慢の逸品です。当店では最小限の加工を施すだけで、醤油が本来持っている香り、味、旨みを大切にしました。また酵母の活動を抑制するため加熱処理だけを施し、一切の調味料・着色料・保存料を加えない「生醤油」は醤油の原点です。昔ながらの懐かしい醤油の風味が味わえます。醤油本来の味を追求したこちらの醤油達も是非ご賞味ください。