toggle
BLOG
2017-06-25 | せがれの毎日, BLOG

【醤油せがれブログ】いざ小豆島へ!part.4


今回が小豆島視察ブログのpart.4。今回は感銘を受けた醤油屋さんをご紹介しようと思います。

今回は『ヤマロク醤油』さんという醤油屋さんです。なぜ、この醤油屋さんに行ったかというのがすべてです。
現在、写真にも写っていますが、こういった大きな木桶を作る職人が全国にほとんど無くなってしまい、各地の醤油メーカーは木桶が経年劣化でダメになると、プラスチックの大きな桶に切り替えていっているのが現状です。しかし、このヤマロク醤油さんの5代目は、自ら木桶作りに取り組むべく、修行に行ったり、地元の大工さんと連携したり、様々な工夫をして、なんとか後世に木桶作りの醤油を残したいと頑張っておられます。




こうした取り組みがテレビなどでも度々取り上げられ、写真にも写っていますが、お店の右側には有名人の指色紙が山のように飾られていました。お店の右側ではスタッフさんが、醤油ラベルの手張り作業を行われていたり、とても開放的で店構えだったので、気軽に入ることが出来ました。



お醤油の種類も数種類のみで、ボトルや容量が違うものの、ヤマロク醤油さんが伝えたい思いがお客様にしっかり伝わるよう、こだわり抜かれた売店でした。

お醤油を眺めていると、スタッフさんが「工場見学もできますが、案内しましょうか?」と声を掛けてくださいました。こだわりの木桶を拝見したかったのもあり案内していただきました。中に入ると・・・



こういった感じでした。いつ頃に建ったのか分からないくらい古い建物だそうで、醤油蔵特有の木の様子が伺えました。実際に五代目が作られた木桶の最初の試作を見せていただき、醤油造りに対する熱い思いを感じました。

醤油造りはこれまでの歴史の上に、今があり、今の取り組みが未来に残す足掛かりとなります。醤油醸造に関わっているすべての人はこの事を理解しているはずですが、実際に行動に起こすには相当の勇気と情熱と根気が必要に違いありません。小豆島という醤油に深く関わる土地で醤油文化を継承していく、そんな素晴らしい景色に出会たヤマロク醤油さんでした。

 

2017-06-24 | せがれの毎日, BLOG

【醤油せがれブログ】いざ小豆島へ!part.3




小豆島の中でビックリするくらい大きな建物があります。大きな工場が何棟も連結して広大な敷地で醤油醸造に取り組んでいるのが「マルキン醤油」さん。福田港から車で20分ほどのところにあります。

醤油造りをどのように始めたのか、現在に至るまでの歴史が見学できるマルキン醤油記念館に行ってきました。当店が取り組んでいる「古式製法」で使用している木製天秤搾り機や麹室が、昔の仕込み方法として展示されていました。



昔、機械を頼らず搾りを行う際はどの醤油蔵でもこういった天秤搾り機でもろみ搾りを行っていました。しかし、石の重みのみでしぼるため、取れ高が少なく、製品にできる量も少なくなってしまうのが難点でした。そこで、水圧でもろみを搾る機械が登場し、カスカスに水分がなくなるまでプレスし、取れ高を多くする流れになりました。しかし、余分な雑味まで出してしまう機械での搾りに比べて、天秤搾り機での搾りは緩いため、お醤油の良いところだけを抽出できるのがストロングポイントだと言えます。


醤油の製法はそれぞれ一長一短です。機械を取り入れることで人件費や労力を節約できるとともに、他の事に労力を割くことができます。しかし、時代の流れに逆らうように機械を使わない昔の製法を大切にすることで、醤油の味と共に大切な何かを伝えることができると思います。

醤油メーカーにはそれぞれの役割があります。世界中のお客様に使っていただける安心安全な醤油を作る、若者向けに発信してこれからの食文化をリノベーションしていきたい、地域のお客様の家庭の味を守り続けたい、など。

それぞれの立場で、立場に合う製法で、役割に合う醤油製品の開発を各社が行ってこそ、これからの日本の食文化の土台を支える「醤油」が残り続けていくに違いありません。これからも当店の役割を果たし続ける覚悟です。

2017-06-20 | せがれの毎日, BLOG

【醤油せがれブログ】いざ小豆島へ!part.2



小豆島の旅で出会った醤油屋さんの中で唯一女性経営者の「金両醤油」さん。女性目線で醤油屋さんをされていることでとても興味があり、是非行ってみたいと思い立ち寄らせていただきました。

広い駐車場から店舗敷地に入ると、店舗外観から女性目線の気配りや可愛いを早速感じることができました。
観光スポット定番の顔はめパネル(醤油屋バージョン)を発見し、とても嬉しかったのでついつい顔をはめて記念撮影してしまいました(^^;




店内に入るとお洒落なボトルが沢山並んでいました。ボトルもそうですがラベルがとにかく可愛らしい。醤油屋さんの商品ってどうしても古風なものが多いのですが、若い世代の方や女性が手に取りやすい工夫が沢山。販売されていたガーリックオイルもにんにくの匂いが気になる方が使いづらいということで、にんにくの風味はしっかりするのに口の中にはあまり匂いが残らないそうです。小豆島はオリーブオイルの産地としてもとても有名です。こうした地域の産品とお醤油を結び付けた取り組みにとても刺激を受けました。


「試食できますよ!」を声をかけてくださった店員さん。お願いします、というと金両醤油さんの自慢の商品を沢山味見させていただけました。もろみの試食のとき、スプーンからこぼれ落ちて服を汚すトラブルもありましたが、楽しい嬉しい気持ちになっていたので全く気になりませんでした(^^;


せがれのおすすめはガーリックオイルと醤油でブレンドした「ドレッシング」。ニンニクの風味がしっかり残りながら醤油の旨みを感じるドレッシングでした。小豆島に旅した際は是非ゲットしてみてください!

2017-06-19 | せがれの毎日, BLOG

【醤油せがれブログ】いざ小豆島へ!part.1


6月17日(土)、醤油業界の産地の一つでもある小豆島へ視察に行ってきました。視察の理由は

①他の醤油屋さんはどのような工夫をしてお客様とお醤油を通じてかかわっているのか取り組みを知りたい!②醤油に対する情熱を共有したい!


実際にフェリーで渡り、小豆島に到着するまでこんなに沢山の醤油メーカーがあることを知りませんでした。醤油造りが小豆島で盛んになった理由ですが、元々塩作りが盛んに行われていた土地でした。江戸時代ごろには、農作物などを船で運ぶ経由地だったそうです。その農作物の中に醤油の原材料となる大豆・小麦も沢山あったそうです。大豆・小麦・塩が揃ったことにより、醤油造りが大々的に始まったとされています。また現在、「醤(ひしお)の郷」と名付けて小豆島町が醤油メーカーが固まる地域をPRしていることも知りました。島の右半分は「醤油」左半分は「オリーブ」と島全体で盛り上がっていました。


到着して昼食に選んだのは「なかぶ庵」というお店でした。自社で製麺所を経営されながら、工場の一部を改装して飲食スペースを設けていました。メニューもシンプルに『そうめん大』『そうめん小』と2つのみ。自慢の生素麺を美味しくいただきました。生素麺のモチモチ感は日頃食べている乾麺の素麺とは全く違うものでした。気になる方は一度寄ってみること間違いなしです。小豆島について伺った最初のお店でしたが、早速そうめんの魅力をどうしたらもっと伝えられるのかという熱い思いに触れることができました。

次回part2からいよいよ醤油屋さん巡りでのお話しをしようと思います。いやー、小豆島には魅力的なスポットや取り組みが沢山ありました!

 

【おやじブログ】 可愛い訪問者。

可愛い訪問者

先日当店に

地元小学校の2年生が

先生と共に見学に来られ

お醤油の勉強をされました。

子らの反応は

とてもダイレクトで又、鋭く

説明する私が困る事も・・。

いつまでもこの純粋な心を

持ち続けてほしいものです。

「醤油おやじのワガママ選歌」

横山剣さんの

昭和歌謡の味が良いですね。

実は横山剣さんは

当市、加西の大スター

ぴんから兄弟の 故、宮史郎さんの

大ファンで

宮さんの節回しの影響を

受けているそうです。

ビックリ。

「タイガー&ドラゴン」 CRAZY  KEN BAND

 

【おやじブログ】 お蕎麦屋さん。

お蕎麦屋

今日は

こだわりの蕎麦屋さんで昼食です。

庭を歩く鴨と

玄関のお香の匂いがお出迎え。

古民家のお店の中は

まるで異空間のようで

陶器の里らしい器や皿にもご主人のセンスを感じます。

美味しいお蕎麦が

さらに

何倍にも美味しく感じる雰囲気に

大満足でした。

「醤油おやじのワガママ選歌」

兵庫県民なら

一度は聞いたことのある ラジオ関西のジングルは

40年も使われているそう。

当時、中学生の彼女たち姉妹も

もう50代後半のはずですが

今もなお 子どもの頃の

幼くも美しい声が

流れ続けることの・・・幸せ。

「海の見える放送局」 チューイングガム

2017-06-01 | せがれの毎日

【せがれブログ】加東市のゆるキャラの名前、知っていますか??




加東市で開催された花と緑のまつり「花き盆栽展」にイベント出店してきました!綺麗な盆栽が並べられ、こどもたちが遊ぶアトラクションあり、ステージパフォーマンスありの盛りだくさんの内容でした。当店も醤油らーめんで少しですが会場を盛り上げることができました。食べていただいた地域の皆様、ありがとうございます。

ブースでらーめんを販売していると、ゆるキャラが近寄ってきました。せがれ的にはとても身近に感じるキャラクターで加東市の販促物にはいつも載っています。

名前は「加東伝の助」。出身地は兵庫県加東市社50番地。生年月日は平成20年11月5日(水)。年齢ずーっと15歳前後(変わりません)。趣味は多くの人にいろんなことを伝えること。好きな言葉は夢と元気。チャームポイントは髪型が加東の「か」。尊敬する人小寺彦兵衛さん。

隣接する市町村でも互いに知らないことが沢山あります。こういったキャラクターにしても知って応援しあうことも大切だと感じるイベント出店でした!

2017-05-24 | せがれの毎日, BLOG

【せがれブログ】レンタルメガネって知っています?

メガネランドハラダ

いつもメガネでお世話になっている、加西市のメガネランドハラダさんでレンタルメガネ事業を開始されたとお聞きして行ってきました。いつもかけているような無難なチョイスもできたのですが、原田さんから言われた「せっかくレンタルで選べるんだから挑戦してみたら」という言葉に感化されて、お洒落なメガネを選びました!よし、こういうメガネが似合う男になろう!

【おやじブログ】 夏はやっぱりそうめん。

そうめん

夏日が続く毎日

お店では急に 濃い旨つゆが

売れ出しました。

アイスクリームなどと同じように

気温と密接な関係なのでしょう。

当店のつゆは

濃縮、鰹風味で

夏の間は醤油と人気を分けます。

お店の看板も濃い旨つゆに衣替えして

皆さんにPRしています。

「醤油おやじのワガママ選歌」

私の大好きな 元ディランⅡ、大塚まさじさん。

今もなお精力的に活動され

最近は俳優の一面も・・

先日から

地元 神戸新聞に

大塚さんの随想がはじまりました。

彼の本

「旅のスケッチ」の内容を思い出しながら

記事を読みたいですね。

「サーカスにはピエロが」 大塚まさじ、西岡恭蔵

【おやじブログ】藤城清治展。

藤城清治

天保山、大阪文化館の

「藤城清治 光の楽園展」へ。

以前、甲府市の「影絵の森美術館」へ行って以来の大ファンです。

今回の展覧会は

直前まで製作された大作もあり

見ごたえ十分。

猫や小人のキャラクターが

絵の中を飛び回り とても美しい夢の世界。

初めて手描きのスケッチも拝見しました。

モデルとなった愛猫「アラメ」へ書かれた

別れのメッセージにも感激。

93歳にして世界に類を見ない第一人者。

まだまだお元気に 私たちを楽しませてほしいです。

「醤油おやじのワガママ選歌」

この曲を聴くと

「こどもの頃から思うと 遠くに来たな」

と、しみじみ 思ってしまいます。

今や俳優などマルチに活躍する

武田鉄矢さんですが

再結成の動機が

「一人でやってると疲れちゃって、

両側に千葉と 中牟田がいると ホッとするんです」

とTVで話されてました。

人柄が出てますね。

「思えば遠くへ来たもんだ」 海援隊

2017-05-09 | せがれの毎日

【せがれブログ】なぜ醤油屋が醤油らーめんをイベントで販売しようと思ったのか?



ゴールデンウィークに加古川市役所前広場で開催された「踊っこまつり」。もう参加し始めて5年ほど経つのかなぁ。毎年、全国各地から沢山の踊り子チームが参加されていて、今年は80チームが参加。

初めて出店した数年前、お醤油を並べて販売しました。加古川方面のお客様も多く、この機会に買っていただけたらと思い、濃口・淡口をはじめ沢山のお醤油を陳列していました。

しかし、会場内にお越しの方は若い踊り子さんが多く、「お醤油を買う」ということが手荷物になり抵抗感があるようで、なかなか手に取っていただけない現状がありました。

「どうすればお醤油と触れ合う機会をつくれるのか」と考え始めたころ、醤油らーめんであれば、疲れた体に、空腹に喜んで頂けると思い、当店の淡口醤油をベースにらーめんを販売。
『らーめん、美味しかったです♪』と嬉しい声をかけてくださるお客様も多く、地元北播磨の播州らーめんを意識した味を提供できたことで、お醤油と共に北播磨地域の味を伝えることもできました。

ただ「どこのラーメン屋さん?お店構えているの?」とラーメン屋さんと思われることもしばしば。でも食べて笑顔になるお客様の様子に毎年嬉しい気持ちでいっぱいになります。

今年は初めて弟が手伝ってくれました。キビキビとした接客にえがれもタジタジでした。毎年、思い出を作りながら来年も出ようと心に決める、そんな楽しいイベントが「踊っこまつり」です(^^)



【おやじブログ】 長谷川義史展。

長谷川義史展

長谷川さんのとぼけた

ほのぼのした画風が大好きで

明石の展覧会へ。

こどもの頃

先生から太い筆で描くことを

教えられたことが

今に繋がっているそうです。

そして彼の絵本の根底に流れる

平和への想い。

ますます長谷川さんの絵本が

好きになった展覧会でした。

「醤油おやじのワガママ選歌」

最近 音楽の聖地

ヤマハのつま恋の施設の閉鎖が

話題になりましたが

ここを会場にした

【ポプコン】からは沢山の

ヒット曲が世に放たれました。

「洋子」と絶叫するこの歌も

グランプリに輝き

話題になりましたね。

「・・・洋子」 尾崎和行&コースタルシティ

2017-04-27 | せがれの毎日

【せがれブログ】~お知らせ~ゴールデンウィーク中の営業日。


ゴールデンウィークがもう始まっている方も、これから休みに入る方も楽しみな時期。

当店もゴールデンウィークに向けて「高橋さんとこ休みいつ??」とお問い合わせを頂く機会も増えてきました。実はカレンダー通りの店休日となります。

〇は営業日、✖は店休日
4月27日(木)〇
4月28日(金)〇
4月29日(土)〇
4月30日(日)✖
5月01日(月)〇
5月02日(火)〇
5月03日(水)✖(加古川踊っこまつり出店:醤油らーめん・醤油もろみ佃煮販売)
5月04日(木)✖(加古川踊っこまつり出店:醤油らーめん・醤油もろみ佃煮販売)
5月05日(金)✖
5月06日(土)〇
5月07日(日)✖

加古川のイベントで物販もしておりますので、良ければ遊びにお越しください。店休日を頂きご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いいたします。

2017-04-26 | せがれの毎日

古式三年しょうゆ×関西食文化研究会

関西食文化研究会
先日、姫路市播磨圏域と関西食文化研究会とのコラボイベントに参加。

当店がこだわって取り組んでいる「古式製法」で醸造した『古式三年しょうゆ』をプロの料理人の皆さんに味わっていただきました。

数日経って、姫路市職員の方から「関西食文化研究会のHPで高橋醤油さんが紹介されています!是非確認してみてください。」とお電話をいただき、確認してみると・・・・
味わっていただいた『古式三年しょうゆ』が掲載されていました。

繋がりが広がっても私どもでは伝えることができない、多くの消費者様・料理人の皆さんに知っていただく良い機会を頂いたと本当に感謝しております。

お醤油でつながる全ての人をもっともっと笑顔にできる町の醤油屋を目指します!

2017-04-24 | せがれの毎日

【せがれブログ】感謝を届ける2日間、無事に終わりました!



大変忙しくさせていただいた「~北はりまの地しょうゆ~春の大感謝祭」。

当店のお醤油を日頃からご愛用いただいているお客様、初めて当店のお醤油を使ってみたいお客様、買い物カゴにお醤油をたくさん詰め込んでレジに並んでいただきました。

去年も開催したのですが、今年は「醤油らーめん」「くじ引き抽選会」「夢蔵さんの巻き寿司」「かしわ餅」などを周知させていただいたことで若いお客様にもたくさんご来店。本当ににぎやかな2日間でした。

ただ、商品点数が足らず「そうめんつゆ」「ぽん酢」「もろみにんにく焼肉のたれ」を買いに来られたお客様には大変ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

今後も、お客様に喜んでいただけるお醤油・サービス・イベント出店・工場見学・搾り体験等を継続して取り組んでまいります。

遠方からお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!

【おやじブログ】 年に一度の感謝祭。

 

感謝祭

土、日は年に一度の感謝祭。

醤油や、もろみ、佃煮を沢山準備して

お客様を待ちました。

好天にも恵まれ

とても、とても沢山の方が来られ

関係者は 大感激。

感謝価格での商品の販売はもちろん

抽選会や

醤油ラーメンの食事、

美味しい、柏餅と巻き寿司の販売など

お客様に喜ばれるよう

とても知恵をしぼりました。

皆さんの嬉しそうなお顔が

忘れられない二日間となりました。

【おやじブログ】 空のお散歩。

気球

気球

 

加西熱気球サポータークラブ皆様の

お力を借り

早朝の加西市を

300メートル上空から眺めてきました。

気球は6人乗りでしたが

驚くほど安定していてびっくり。

霧が無くなった空は景色も良く最高の気分です。

真下を北条鉄道が走り、乗客の方が

気球を指差しているだろうと想像します。

お話しを伺うと

ベストシーズンがあるそうで

木々や田畑の青々した風景が

お好きだそう。

カラフルな気球と絵になりそうですね。

2017-04-14 | せがれの毎日

【せがれブログ】加西市エム・ケー自工さんに行ってきました!


昨日は商談で加西市別府町にある自動車屋エム・ケー自工さんにお伺いしてきました。

当店の卵かけ醤油を手に取っていただき「とても美味しそう」という事で、早速スタッフの方と加西市のたまご屋さんに卵を買いに行ったとのご報告をいただきました。

卵かけご飯しょうゆ
写真が届いたとき、とても嬉しい気持ちになったのでブログに書いてしまいました。市内・播磨でこうしたご縁を頂くたびに感謝しかありません。

エム・ケー自工さんのホームページを御覧いただくとアットホームな会社の様子が見れますので、興味がある方は一度のぞいてみてください!

エム・ケー自工株式会社HP
http://mk-jikou.com/

1 2