toggle
2017-05-09

【せがれブログ】なぜ醤油屋が醤油らーめんをイベントで販売しようと思ったのか?



ゴールデンウィークに加古川市役所前広場で開催された「踊っこまつり」。もう参加し始めて5年ほど経つのかなぁ。毎年、全国各地から沢山の踊り子チームが参加されていて、今年は80チームが参加。

初めて出店した数年前、お醤油を並べて販売しました。加古川方面のお客様も多く、この機会に買っていただけたらと思い、濃口・淡口をはじめ沢山のお醤油を陳列していました。

しかし、会場内にお越しの方は若い踊り子さんが多く、「お醤油を買う」ということが手荷物になり抵抗感があるようで、なかなか手に取っていただけない現状がありました。

「どうすればお醤油と触れ合う機会をつくれるのか」と考え始めたころ、醤油らーめんであれば、疲れた体に、空腹に喜んで頂けると思い、当店の淡口醤油をベースにらーめんを販売。
『らーめん、美味しかったです♪』と嬉しい声をかけてくださるお客様も多く、地元北播磨の播州らーめんを意識した味を提供できたことで、お醤油と共に北播磨地域の味を伝えることもできました。

ただ「どこのラーメン屋さん?お店構えているの?」とラーメン屋さんと思われることもしばしば。でも食べて笑顔になるお客様の様子に毎年嬉しい気持ちでいっぱいになります。

今年は初めて弟が手伝ってくれました。キビキビとした接客にえがれもタジタジでした。毎年、思い出を作りながら来年も出ようと心に決める、そんな楽しいイベントが「踊っこまつり」です(^^)



関連記事