toggle
2019-02-08

【醤油せがれブログ】旅が何倍にも楽しくなる?醤油の試食!

食文化や消費動向の変化で、醤油を取り巻く環境も大きく変化しました。

ひと昔前は、炊き物や煮物など醤油を使う料理がほとんどでした。
実際に現在も配達で一升瓶を6本まとめて配達するご家庭がたくさんあります。しかし、台所の担い手が若い世代に代わるとあまりお醤油を使わないご家庭が増えているのも現状です。

「醤油さえあればご飯が食べれる!」「醤油がないと煮炊きができん!」
高齢の方ほどこのようなお声を掛けていただきます。

若い世代は醤油というイメージが「ほとんど同じような味わい」だと『一括り』にしているようにも感じています。

食材の味を生かす『醤油の個性』

だからこそ次の世代が醤油を楽しんで使ってもらえるよう、醤油の世界を知ってもらえるように作り手側が伝えていくことも役目だと感じています。

店舗が新しくなったのを機に「醤油の試食台」を設置しました。食べ比べて気付くこともたくさんあります。自分の好み・用途別での味わいの違い・地域の風土・作り手の思いなど。


試食台で風味の違いを楽しむご夫婦やカップル、若い方をお見かけする機会が増えました。みなさん、お醤油を囲みながら楽しく「醤油」をテーマに話をされているのがとても嬉しく思いました。

全国にはたくさんお醤油屋さんがあります。その数だけストーリーがあり、味わいがあります。旅先でお醤油を試食するだけでも、旅が何倍にも楽しくなるはずです。

そんなことを思いながら『醤油の試食』をしてみてはいかがでしょうか。


関連記事